スポンサードリンク

2013年08月11日

ASKA“衝撃の薬物疑惑”は視聴率上がらず… 静観モードに

【芸能ニュース舞台裏】ネタ枯れの夏の芸能メディアを直撃した「CHAGE and ASKA」のASKA(55)に薬物使用疑惑という衝撃ネタ。ASKAが覚醒剤中毒に陥っているという、にわかには信じられないニュースが、週刊誌から飛び出した。

「あれだけディテールがつづられていますからね。かなり確証は高いと踏んですぐさま、自宅前で張り込みましたけど、あっという間にしぼみました」と情報番組ディレクター。

「放送しても、数字(視聴率)が跳ね上がるわけでもない。いまだに矢口真里の騒動を放送した方が数字が上がりますよ」と、情報番組デスクは視聴率の表を見ながら首をかしげる。

「当初こそスポーツ紙も報じましたが、ASKAに影響力のある音楽業界の人物が直接電話で確認したところ『やっていません』と答えたそうです。ウチは静観する方針で落ち着きました」と前出デスク。「白黒はっきりしないうちに、まるで薬物を使用しているかのような印象を与えるのはよくないだろう、ということに落ち着きました。視聴者をミスリードしてしまいますからね」

 かくして報道がピタッと止まった。嵐の前の静けさなのか。レコードメーカー関係者は、「付いてしまった黒いイメージが晴れてくれれば…」と祈るばかりだ。
ZAKZAK(夕刊フジ)2013年08月10日




[PR]ハッピーメール


posted by kuni at 09:37| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする